• ホーム
  • メーカーについて
  • ピネッティ

ピネッティ pinetti

デザイン大国イタリア発!pinettiデスクマット5つの特徴

  • 伝統と革新の正統派デザイン

  • 柔らかいナッパレザー

  • シュリンクなど多彩な表面加工

  • 鮮やかな発色と豊富な色彩

  • 革や木の自然の恵みの上質素材

photo

イタリア・ピネッティ社は建築家のアルベルト・ピネッティと妻エチィアによって1983年にイタリアのベルガモに設立される。高級革張りのアルバムの代名詞として世界に名を馳せる。現在はナッパレザーを使用した革小物を多数プロデュース。2006年に息子のロレンツォ・ピネッティが加わり、クラシカルなデザインを踏襲しつつ、ブランドイメージの一新に成功。気鋭デザイナー、マッテオ・を起用し、USBメモリ付きノートなど時代に即した製品を生みだしている。

豊かなライフスタイルに欠かせないのは、自然の恵みから生まれる「革の香り・紙・色・木」を素材とした物。ピネッティはソフトな手触りが特徴のナッパレザーを中心に製品展開しています。 堅牢で分厚いフルタンニンレザーのラインナップや無垢材の木目を生かした製品もあります。革の特性を活かしデザインが施され、独創的なレザーアイテムを世界に発信。建築家である創業者が革職人による手仕事を各製作段階ごとに厳しくチェックしています。

2008年には2店舗のフラッグシップショップをオープンし、次世代のピネッティがより身近に体感できる。先代からのクラシカルな高級感溢れる商品と、豊富なカラーとデザインバリエーションが楽しめるスタイリッシュな商品が同居する魅力的なブランドです。 世界的に著名な企業のオリジナルギフトを製作している。また、その品質と完成度の高さからピネッティ製品は世界のミュージアムショップで取り扱われています。

ナッパレザーとは

photo

柔らかいことが最大の特徴のナッパレザー。その手触りは牛革というより、鹿革に近い。もともとは羊皮、山羊皮を指し、現在ではクロームなめしされた牛革をナッパレザーと言います。革の香り高く、上品で洗練された均一の表面を持つのがこのナッパレザー。鮮やかな発色で豊富なカラーバリエーションが楽しめる。また、シュリンクや型押しなど個性的な仕上げも可能。繊細で上質なナッパレザーは高級バッグや洋服等に多く使用されている。

タンニンなめし皮(ベジタブルタンニングレザー)とは

原皮に最も近い状態で、植物のタンニンエキスで皮をなめしたのがタンニンレザー(ヌメ革)です。中世ヨーロッパを起源とし、現代の革職人受け継がれている伝統的な方法。染色まで自然界にある素材で施されるため、高価ながらエコレザーとして近年高級ブランドを中心に存在が見直されている。分厚く堅牢で経年変化することが最大の特徴。革の表面は生前の牛の個性、傷や血すじなどを残すので、同じ革が存在しない。革好きにはたまらない魅力がある。

ページの上部へ